ニコチンの有無はリキッドにより違う

電子タバコに切り替えることでタバコを吸うことによる問題を解決できると考えている人もいるでしょう。確かに電子タバコにすることによって有害物質の種類は減らせる可能性が高いのは事実です。電子タバコは健康リスクについての問題が沸騰してから広まってきた影響もあって、例えば、健康に甚大なリスクをもたらす可能性がある一酸化炭素やホルムアルデヒドなどは発生しないように作られているのが一般的です。しかし、リキッドによってニコチンの有無は異なるので注意しなければなりません。

精神依存や肉体依存の原因になることで知られるニコチンの含有量はリキッドごとに異なっています。そのため、依存ではなく、本当に楽しめるようになるかというとリキッドの選び方によって大きく異なるのです。この点を理解していないと惰性で電子タバコを使い続けることになってしまう可能性があるので、切り替えるときには念頭に置いてどういう方針で電子タバコを使っていくのかを考えておくのが賢明です。

他の成分もケースバイケース

ニコチン以外の成分についてもリキッドによって何が含まれているかは異なります。他の成分が何をするかはケースバイケースなので、良いとも悪いとも言えないのが実態です。成分的には安全性が認められているものを用いているのは確かですが、電気で処理をしたときにどんな成分に変換されてしまうかはわからないでしょう。リスクゼロのものではないという認識で電子タバコと付き合っていくのが賢いと言えます。

電子タバコはタールやニコチンなしのイメージがありますが、海外で販売されているニコチンリキッドにはニコチンが含まれているものがあります。国内では個人輸入を除き、薬事法により販売・譲渡が禁止されています。

Related Post