電子タバコでの禁煙は可能か

何とかして禁煙をしたいと思っていてもなかなかやめられずに困っている人も大勢います。医療機関では禁煙外来を設けて禁煙したい人のサポートをするようになっていますが、もっと気軽にできる方法はないかと悩む人もいるでしょう。その際に電子タバコについて知って検討してみたいと思うのはもっともなことです。電子タバコはタバコの代替品として生まれてきたのは確かですが、禁煙に使うことはできるのでしょうか。

定義によって違いがある

電子タバコを使って禁煙できるかどうかは禁煙の定義によって異なります。従来型のたばこをやめることができれば良いというのなら、電子タバコを代わりに吸う習慣にすれば良いと考えられるでしょう。この場合には比較的簡単で、自分の好みに合う電子タバコを見つけることができればきっと禁煙できます。しかし、大きな問題になるのが電子タバコに切り替えた後、さらに電子タバコもやめたいという場合です。これを禁煙の定義とする場合には難しいと考えましょう。

電子タバコへの切り替えができるということは、基本的にはたばこよりも電子タバコの方が魅力があると感じるようになったからです。そのため、たばこをやめることができたとしても、電子タバコをやめるのがかなり大変になってしまいます。ただ、電子タバコの選び方によってはニコチン依存症の問題を克服できる可能性があるのは確かです。依存症が原因でやめられなかった人の場合には減量していくことで禁煙できる可能性があるでしょう。

vapeのおすすめフレーバーと言えば、カスタードクリームやチョコレートなどの甘い系です。良い香りが周りに漂うので、リラックス効果もあります。

Related Post