意外と知らない時計の歴史

機械式時計は高級感があり、ビジュアルも美しいためファンも多く、一つは手に入れたいと思っている方もいるのではないでしょうか。そんな機械式時計は1300年代に初めて製作されたと言われていて、当時はおもりを使用してその作用で時計を動かしていました。ですが、この時計は30分から1時間の時間のズレが生じるもので、1583年にイタリアの天文学者による振り子の特性の発見を経て、1656年にオランダ人が振り子の時計を制作することによって正確な時間に近付いていきます。

その後、振り子時計を作ったオランダ人がゼンマイとテンプを発明し、1667年に持ち運びが可能な時計が誕生します。そして1904年に世界で初めて腕時計の製作が成功、1960年代は機械式時計の隆盛期となりました。

そして現代へと続く物語

そして、1969年に日本の時計会社がクオーツ式時計を発表、このクオーツ式時計の普及と量産化で腕時計が身近なアイテムとなります。反面、1970年には時計の会社が多いスイスが不景気に陥り、たくさんの時計会社が倒産するという憂き目をみました。ですが、時間をかけて機械式時計の会社は徐々に復権、ブランド力と技術で生き残り、伝統を守りながらも進化を続ける企業となったのです。そして、受け継がれてきたブランドはステータス性もあり、ラグジュアリーなアイテムとして人気を誇るようになります。

そんな歴史を持つ機械式時計には、シンプルなデザインのものから個性的なものまで種類は様々、シックな印象を与えながらもカジュアル感のある機械式時計も存在します。色もシルバーやゴールドだけではなく豊富に展開されていますので、好みの機械式時計を一つ、手に入れてみてはいかがでしょうか。

グランドセイコーは世界中で高い評価を受ける高級時計ブランドです。見た目のシンプルさと高い機能性を兼ね備えていることが特徴です。その為、仕事やプライベートなど幅広いシーンで活用することが可能です。

Related Post